オットーネ

Online Store

Blogブログ

  1. HOME
  2. Blog
  3. オットーネ通信(第4回)オットーネ通信(第4回)

オットーネ通信(第4回)

いつもオットーネのワインをお取り扱い頂きありがとうございます。

オットーネ通信第4回は、オレステ・ステファノ社のバローロ・ペルノです。

オレステ・ステファノ社

さて、このモンフォルテ・ダルバのペルノ地区はバローロの中で1番標高の高い歴史的なトップクリュであり、かつて聖職者の葡萄畑として知られています。

今回紹介するオレステ・ステファノ社とは、ペルノ地区にしか畑を所有しておらず、他のワイナリーからも羨ましがられる程、優位性に優れた生産者です。
10月も後半に差し掛かり、収穫も本格化しているネッビオーロですが、バローロ・ペルノの特長と魅力の源についてお伝えしたいと思います。

1.日射量の多い特別な斜面

まずは畑の向きが南東を向いており、午前中の活動時に豊富な日照量が満遍なくあることです。このことを現地の方言でSùriと言います。

2.樹齢80年のネッビオーロ

次に80年に近い樹齢の存在です。生産量は低くなりますが、深く長くなった根はペルノの良質なテロワールを吸収し表現します。

3.バローロの中で最も高い標高

バローロの中で最も標高の高い位置550~600mの為、地熱や夜霜問題がありません。

4.華やかで希少なクローン ミケ

ネッビオーロ種の希少品種のクローンであるミケのみを使用している事です。貴重な品種で粒は小さめですが、非常に香り高い伝統的な品種になります。

5.先代から引き継がれる伝統派

バリックなどに頼らず、常に伝統的で優美な透明感のあるペルノを作り続けている事です。

そして何より、ワイン造りへの弛まぬ情熱と愛情があってこそ。
オーナー夫妻の言葉から、その想いが伝わってきました。

「私たちはこの時期になると幸せを感じます。何故なら最高の品質を作るため、一年中畑とセラーで献身的な世話をしてきた成果を感じることが出来るからです!」

私もこのオーナー夫妻の想いと作品を日本の皆様にお届けし、味わって頂きたいと願っております。

ぜひ魅力と想いの詰まった年産5,000本の貴重なオレステ・ステファノ社のバローロ・ペルノをお試しください!!
少数限定ですが2007年ヴィンテージや2011年マグナムサイズもご用意出来ます!!

商品名:バローロ・ペルノ2015
品種:ミケ(ネッビオーロ)100%
内容量:750ml
アルコール度数:14.5%
タイプ:赤
参考上代:7,000円

商品名:バローロ・ペルノ2007
品種:ミケ(ネッビオーロ)100%
内容量:750ml
アルコール度数:14.5%
タイプ:赤
参考上代:10,000円

商品名:バローロ・ペルノ2011(マグナムサイズ)
品種:ミケ(ネッビオーロ)100%
内容量:1,500ml
アルコール度数:14.5%
タイプ:赤
参考上代:20,000円

お問い合わせは下記からお気軽にどうぞ

イタリアワイン専門インポーターのオットーネ

【メール】info@ottone.co.jp

【ライン公式アカウント】https://lin.ee/gVlzHoF

イタリアワインカタログはこちら ▶