オットーネ

Online Store

Blogブログ

  1. HOME
  2. Blog
  3. オットーネ通信(第11回)寒い季節に味わいたいエレガントなバルベーラオットーネ通信(第11回)寒い季節に味わいたい...

オットーネ通信(第11回)寒い季節に味わいたいエレガントなバルベーラ

いつもオットーネのワインをお取り扱い頂きありがとうございます。

ここ数日はかなり冷えが厳しくなり、ついに本格的な冬が来たぞという感じですね。

今回のオットーネ通信では、そんな寒い季節にこそ味わいたいエレガントなバルベーラに焦点を当ててご紹介していきたいと思います!

Oreste Stefano(オレステ・ステファノ)社

Barbera d'alba superiore D.O.C. (バルベーラ ダルバ スーペリオーレ)

バルベーラといえば、デイリーワインとしても多く生産されていますが、 今回ご紹介するオレステ・ステファノのバルベーラは バローロの中心部、モンフォルテダルバの偉大なクリュ" ペルノ "から生み出される傑作品です!

バルベーラの栽培に最適なモンフォルテ・ダルバの土地

現地の伝統派リストランテからも厚い信頼を集めているオレステ・ステファノ社。 同社のバルベーラは、バローロを生み出す確かな技術をもってして造られているワインです。

今やイタリア全土のみならず新世界でも広く栽培されているバルベーラですが、ここモンフォルテ・ダルバは、バルベーラの栽培にぴったりの条件を備えた土地なのです!

粘土と鉄分が豊富な赤土の土壌は、ブドウの樹の肥沃度を高めてくれます。 標高600m地点の暖かく日当たり良好な畑は、酸の強いバルベーラの実を完全に成熟させることができます。

樹齢30年のバルベーラを優雅なワインへと導く技術

畑に植えられているのは現在樹齢30年のバルベーラ。手作業で大切に育てられています。

畑での仕事は、12月に葉が落ち切った状態での冬の剪定からスタート。

4月には良質な芽を選ぶ春の剪定(potatura verde)。 8月中旬以降にはブドウの選別を行い、最も健康な房が太陽にさらされ続け、完熟の時を待ちます。 収穫は毎年原則として9月中旬から9月末にかけて行われます。これまでもSNSで剪定や選別時の動画をアップしていますが、流れるような手さばきはまさに熟練の技です!

そして力いっぱいに育った果実は、ここからセラーへ。発酵の後、フレンチオーク樽で10か月間熟成します。

バルベーラにはタンニンが含まれていませんが、樽熟成させることでタンニンを補い、バルベーラの高い酸味を和らげています。また樽の風味が強くつきすぎないよう、樽は1度使用されたものを用います。

きめ細やかな栽培と、醸造の工夫により、ワインの品質を高めることに力が注がれているのです。

心と体を温かく満たしてくれる上質な味わい

こうしてしあがったワインは、バルベーラらしい紫色の反射を伴う濃い赤色をした、柔らかでエレガントな印象。 酸味はまろやかで、果実味はより力強く、そしてバニラやチョコレート、花なのような香りがとても上品!

オレステ・ステファノ社のクレメンテさんは、「寒い日の晩、素敵な照明付きの暖炉の前でそれを味わえば、あなたの体の内に喜びを感じられますよ!」 と、とっておきの楽しみ方を教えてくれました。

アルコールも高く15.5%とボリューム感があるので、次第に体を温めてくれます。ブルゴーニュグラスに注いで、その魅力を存分に感じていただければと思います。

このバルベーラに合う食べ合わせとしては、ピエモンテの郷土料理であれば、ラグーソースのタヤリン、アニョロッティ・ダル・プリン、バーニャカウダなど。また中熟タイプのチーズやサラミ類、前菜、プリモのパスタ、セコンドの牛・豚・鶏の肉料理全般、ほかにはギョウザや、マグロ、クジラ、ウナギなどとの相性も◎です。

イタリアには「バルベーラは料理の組み合わせに最も柔軟なワインである」ということわざもあるほど、さまざまなアッビナメントを楽しめます。

ちなみにバルベーラの高いアルコール分は、脂肪を溶かし流す作用を持っているので、この時期に欲しくなるスタミナ系の料理ともぴったり!

※例外として、タンニンが少ないため、クリーム系や濃厚なタレの料理にはあまり向いていません。ご注意を~

お料理と組み合わせても良し、ワインのみをじっくり味わうも良し。

さまざまな場面に寄り添い、心を温かく満たしてくれる、そんな包容力のあるワイン。 寒い冬の豊かな時間を引き立る一本となれば嬉しいです。

(文:宮丸明香)

 

ワイナリー:オレステ・ステファノ
原産:ピエモンテ州/ クーネオ県
品種:バルベーラ100%
内容量:750ml
アルコール度数:15.5%
タイプ:赤
参考上代:4,500円

お問い合わせは下記からお気軽にどうぞ

イタリアワイン専門インポーターのオットーネ

(電話窓口も開設しましたよ~★)

【TEL】070-2821-0471(平日9~17時)

【メール】info@ottone.co.jp

【ライン公式アカウント】https://lin.ee/gVlzHoF

イタリアワインカタログはこちら ▶